Bakaっち Blog

登山とカメラ、風景写真いろいろ。

暑い季節に備えてメインPCを掃除した…というお話 (Intel NUC NUC7i5BNH)

コロナ自粛で暇だ!気分がモヤモヤするぜ!という事で

パソコンでも掃除して気分をスッキリさせようかなっと。これから

暑い季節にもなるしね。

本日の生贄…Intel NUC NUC7i5BNHちゃん (2年と6ヶ月)

本日の生贄…Intel NUC NUC7i5BNHちゃん (2年と6ヶ月)

…が、掃除前の写真を撮りませんでした。まぁドン引きするくらい汚かったのでボツという事で。ココで掃除に使用した道具をダラダラと紹介してみるので参考にしてみて下さい。

今回使用した道具たち。掃除する時はいつもコレを使ってます。

今回使用した道具たち。掃除する時はいつもコレを使ってます。
  • エレコム エアダスター 3本セット (逆さ使用OK) 定番アイテム。まとめ買いがオススメ。しかし使い過ぎるとコストが掛かってしまうのが難点。主にCPUクーラーの掃除に使用。
  • USBミニ掃除機 ばくおん!で吸引力弱めだけど手軽に掃除できるのは良い。静電気でパチッと基板が逝く危険性があるらしいが、今までデスクトップ、ノートPC、ミニPCを何十台も掃除してきたけど逝った経験は一度もありません。自己責任でやりたい人だけやって下さい(無責任)。 タイミングが良ければ98円で買えます。
  • すきまノズル2 (普通の)掃除機の先に取り付けるアタッチメント。お部屋の掃除にも使えるので御家庭に一つあると超便利です。これで埃はほとんど除去できます。
  • エレコム クリーナー ウェットティッシュ (60枚入り) CPUグリスや基板を拭き拭きするウェットティッシュ。古いグリスの除去はもちろん、PC以外の用途にも使えるのでオススメ。
  • Thermal Grizzly 液体金属 Conductonaut 1g クマグリス:男ならメタル…液体金属のCPUグリスだ。これぞロマン!お掃除の〆はやっぱりメタルだな、うん。BGMは Judas Priest の Metal Meltdown でお願いします(?)。

CPUがキラキラして綺麗だね。(お掃除後)

綺麗だよNUC綺麗だよ…(お掃除後)

本当は掃除前と掃除後の写真を用意するべきなんだけど、撮りながら作業すると全然進まないので撮影しませんでした。具体的な掃除方法も写真が無いので止めておきます。

『掃除方法の写真やマニュアルが無いとできません!><;』 …という方はPCの清掃にそもそも向いていないと思うのでやらないほうが良いです(壊す可能性あり)。自分のようなPCマニアって基本『ブッ壊れても まぁいいか(笑)』という考えでやっているので。だから平気で掃除機をかけたりします。自信が無い場合はやらないほうが吉。

液体金属を塗るぜ。盛り過ぎたぜ(笑)。綿棒で少しづつ除去して調整。

液体金属を塗るぜ。盛り過ぎたぜ(笑)。綿棒で少しずつ除去して調整。

だから雑に液体金属塗っても気にしないのです。(←気にしろ) 経験上、耐熱テープでCPU周りを囲っておいたほうが良いです。テープを切らしていたので今回はやりませんが。適当だなオイ。

後は組み直してCPUをシバいて確認。まぁ大丈夫だなウン。(室温26℃)

後は組み直してCPUをシバいて確認。まぁ大丈夫だなウン。(室温26℃)

掃除前はCPU温度95℃超えていたので、まずまずの冷却具合かなっと。これで気分スッキリ!

夏もコレで乗り切るぜ!!という事で、メインPCの掃除無事終了~~♪

Core Temp

Downloads - Open Hardware Monitor

Download Intel® Extreme Tuning Utility - Intel® XTU

 

部屋に引き籠りがちな昨今、夏に備えてPCの掃除でもどうでしょうか。 (おしまい)


 

 

 

おまけ:Intel NUC NUC7i5BNH について語ってみる。

小さなパソコンは男のロマンだ!…日活ロマンPC。

一部のPCオタクに支持されているこのIntel NUCシリーズ、ちょっと興味がある人、すでに所有している人へ向けて少し語ってみるぜ。

 

少し興味がある人へ。

  • 恐ろしいくらいの爆音だ!が、通常作業(ブラウジングやテキスト入力)は静かです。
  • 熱い…めちゃくちゃ熱いぜ。燃えつきるほどヒート!!CPU温度90℃超えも珍しくない。(セレロンペンティアム機はやや低いと思うが) 動画エンコ、3Dゲーム、その他CPUを長時間シバく作業には不向きです。
  • 第8世代、第10世代はCPUクーラーが更新され(大きくなり)冷却は少し改善されたみたいです。(持ってないから詳細は省く)
  • 購入する人はそれなりの覚悟を持って購入してください。(特にCore-i7)
  • 上記の事柄にビビッてしまった方は大人しく 『ASRockのMini-STXベアボーン DeskMini 310シリーズ』を買いましょう(笑)。

すでに所有している人へ。

  • 当ページにあるCPUグリス(液体金属)塗布はコスパ的にオススメできない。ロマンを追求したい人向けです(笑)。せいぜい5~8℃くらいしか下がりません。そもそも発熱量に対してヒートシンクが小さすぎるので過剰な期待はするだけ無駄です。塗るなら普通のグリスで十分。CPUだけ冷やしても結局ストレージやメモリは熱々のままだしね。
  • 冷却を強化、静音化したい人はBIOSでファン制御をカスタムで微調整するしかないかなっと。デフォの3つのモード(クール・バランス・クワイエット)に不満があれば。
  • 横からUSBファンを当てるのが一番手っ取り早く確実な冷却方法です。CPU、メモリ、ストレージすべて冷やせます。横から埃が入るのが嫌な場合は上から当てるのもアリです。それでも無いよりかは十分に冷えます。※ 速度調整できる 12㎝USBファン がオススメ
  • 上蓋を取っ払って余っているヒートシンクを載せるのも多少の効果はありますが気休め程度かなっと。わざわざヒートシンクを買う必要は無いと思います。余り物で十分です。

シャレで組んでみた(笑)。12㎝USBファンをフレキアームで固定。

シャレで組んでみた(笑)。12㎝USBファンをフレキアームで固定。『なぜそこまでするんだ!?』と言われそうですが、ただ単にやってみたかっただけです(笑)。

 

…と、多少は足しになる事柄をダラダラと語ってみました。おしまい。